スポンサード リンク

テレビなどの受信機を持っていればNHKと契約する必要があるというのは間違いありません。

契約すると半永久的にずっと受信料を支払う義務が生じるわけですが、NHKと一度契約を結んでしまうと解約するのは非常に難しい、というのはみなさんご承知の通りだと思います。

しかし、合法的かつ簡単にNHKとの契約を解約する方法の一つとして“実家に帰る”というやり方があります。

今回は実家に引っ越してNHKとの契約を解約する方法について紹介します。

実家に引っ越しして受信料を解約する方法

実家に戻る際、これまで支払っていた世帯でのNHKとの契約を解消し実家での契約にまとめるために発生する手続きを「世帯同居の手続き」といいます。

「これまで2つの世帯で別々に受信料を支払っていましたが、これからは1つの世帯になるので契約の一つを解約してください」というものです。

実家に引っ越すにあたってNHKとの契約を解約するこの手続きはネットで簡単に行う事ができます

NHKの解約をネットで行うには?

NHKのホームページにアクセスし、右上にある「受信料」のタブをクリックします。

その後、新しいページが表示されますので「受信料の窓口」の下にある「住所変更」をクリックしその中の「2つの世帯が一つになる場合」を選択します。

画面が変わり移転元の情報と転居先の情報を入力して完了です。

NHKの解約をネットで行う注意点

この世帯同居の手続きを行うにあたって注意点があります。

それは転居先である実家がNHKと契約しておらず受信料を支払ってない場合、この手続きはできないということです。

でも、言われてみれば当然の事ですね。

NHKに嘘の解約がばれた場合どうなる?

実は、NHKも実家に帰ると嘘をついて契約を解約する人が多いという事実を把握しています

転居した後には新しい住民が入ってくるわけですから、新規契約のためにNHKからの職員が訪問してくることでしょう。

万が一「実家に引っ越す」といっていたのにそのまま住み続けてそれがバレてしまった場合、大変なことになってしまいます。

NHKの不正解約と見なされれば詐欺罪として訴えられる可能性もありますし、受信料の2倍の額を追加として請求されたという例もあるようです。

嘘がバレる可能性はそれほど高くないと思いますが、悪用は絶対にやめましょう。

引っ越せばNHKとの契約は自動解約されるの?

引っ越せば自動的にNHK受信料の支払いがストップすると思っている人も多いようですが、残念ながらそのようなことはありません。

むしろ引っ越しの際の手続きを怠ると受信料の二重請求をされてしまうケースもあるようです。

NHKは届け出制で手続きを行っており、契約者から届け出がない限り契約内容を変更することはありません。

ですから、引っ越しの時にちゃんとこちらから手続きを行わないと以前の住所での契約が継続されるのです。

それを忘れて引っ越し先で新たにNHKと契約すると新しい住所でも受信料が発生してしまうのです。

これは実家に帰る場合も同様です。

実家に帰るのだからNHK側が契約を終了してくれるだろうと思っている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、自分から変更手続きを行わない限り受信料を支払い続けることになってしまいます

ですから、引っ越しをする際はNHK受信料の解約手続きをお忘れなく行なって下さい。

実家への引っ越しという理由は悪用厳禁

今回は「NHK受信料の契約は実家に戻る時には解約できる」という事を紹介しました。

といっても自動的に契約が解約されるわけでなく、自分でちゃんと手続きを行う必要があります。

そして大前提として、本当に実家に戻るために解約することは合法ですが、NHKの受信料支払いを逃れるために虚偽の申告を行う事は紛れもなく違法行為です。

くれぐれも悪用することがありませんように。

スポンサード リンク