スポンサード リンク

短期間 お金を借りる

短期間だけお金を借りる場合は、利息を抑えられるというメリットがあります。

通常、キャッシングをする場合は、銀行のカードローンの方が消費者金融より金利が低いので、得だと一般的に言われています。

しかし、お金を借りるのが短期間である場合は、金利の差はそれほど変わってきません

ここでは、実際の利息の差と、無利息サービスについてお伝えしていきます。

短期間お金を借りる場合の利息の差を比較

実際、短期間お金を借りる場合の利息は金利によってどれくらい生まれてくるのでしょうか?

ここでは10万円を、銀行のカードローンの一般的な金利14.5%で借りた場合、消費者金融の一般的な金利18.0%で借りた場合の利息を一覧表にして比較してみました。

お金を借りる期間 金利14.5% 金利18% 差額
7日間(1週間) 278円 345円 67円
10日間 397円 493円 96円
20日間 795円 986円 192円
30日間 1,192円 1,479円 288円
2ヶ月 2,384円 2,959円 575円
3ヶ月 3,575円 4,438円 863円

実際、短期間お金を借りるといっても、人によって、1週間の人もいれば、3ヶ月だと考える人もいらっしゃいます。

しかし、仮に3ヵ月間、10万円を借りる場合でも利息の差は1,000円未満なので、銀行と消費者金融のどちらでも借りてもほとんど変わりはないことが分かります。

無利息キャンペーンを使った場合

また、カードローンの中には、30日間や7日間の無利息キャンベーンを実施しているところもあります。

例えば、消費者金融で金利が18.0%だけれども、30日間の無利息キャンペーンを利用して10万円を借りた場合、本来、30日間で掛かる利息1479円分が掛からなくなります。

ですから、お金を借りる期間が30日以内という短い期間でれば、無利息キャンペーンを行っているカードローンを利用した断然お得というこことになります。

さらに、お金を借りる期間が、2ヶ月、3ヶ月となって来た場合

  • 金利14.5%で無利息キャンペーンがないカードローン
  • 金利が18.0%だけれども、30日間の無利息キャンペーンがあるカードローン

を比較すると、利息はそれぞれ以下のようになってきます。

お金を借りる期間 金利14.5% 金利18%
1ヶ月 1,192円 0円
2ヶ月 2,384円 1479円
3ヶ月 3,575円 2,959円
4ヶ月 4,767円 4,438円

この表をご覧になると分かるように、お金を借りる期間が3ヶ月までなら、たとえ金利が18.0%でも無利息キャンペーンを利用することによって、トータルの利息は安くなることが分かります。

短期間でお金を稼ぎたいなら?

また、人によっては、短期間だけお金を借りると言っても、返せない期間がズルズル続いてしまう方もいらっしゃいます。

そういった悲劇が起こらないよう短期間でお金を稼ぐ方法もご紹介しておきますので、ご参考にして下さい。

今すぐお金を稼ぐ方法(男性編)1万円~10万円をゲット!

今すぐお金を稼ぐ方法(女性編)安全な手段だけをご紹介!

kenji

短期間だけお金を借りる場合は、基本的に利息を気にする必要はありませんが、無利息キャンペーンを利用すればさらにお得になるので、有効に活用してみて下さい。

スポンサード リンク