スポンサード リンク

収入証明書不要 キャッシング

キャッシングをする場合は、基本的に本人確認書類(免許証やパスポートなど)と、収入証明書(源泉徴収票、所得証明書、給与明細書など)が必要となってきます。

しかし、一定の条件を満たせば、収入証明書不要でキャッシングをすることも可能です。

ここではその条件や注意点について解説をしていきます。

収入証明書不要でキャッシングが出来る条件

まず、収入証明書不要でキャッシングが出来る条件を知るためには、法律で決められているルールを把握しておく必要があります。

貸金業法では、2010年6月18日から、以下のような場合は、収入証明書を提出することが義務付けるようになりました。

  • 1社の利用限度額が50万円を超える場合
  • 複数の貸金業者からの借入額の合計が100万円を超える場合

つまり、逆の見方をすれば、上記の条件を満たしていなければ、法律的には収入証明書不要でキャッシングすることが可能となります。

もちろん、カードローンの会社によっては独自のルールを設けているところもあります。

しかし、基本的には上記の法律に基づいて収入証明書が不要となる条件を設定している消費者金融は多いので、この基準を覚えておけば良いでしょう。

銀行のカードローンも収入証明書不要の基準が厳しくなった

実は、この貸金業法が適用されるのは、消費者金融や信販会社までで、銀行のカードローンは、このルールの対象外となっています。

そのため、以前は、銀行のカードローンだと、収入証明書不要でキャッシングできる金額が、100万、200万、300万円というところがザラにあり、収入証明書不要でおまとめローン的な使い方が出来るほどでした。

しかし、最近は銀行のカードローンに対しても厳しい目が向けられるようになり、自主規制という形で銀行のカードローンでも借入れ希望額が50万円を超える場合は、収入証明書類の提出が求められるケースが増えています

例えば、新生銀行レイクも銀行のカードローンですが、50万円を超えて契約する場合、収入証明書の提出を求められるようになっており、消費者金融とほぼ同じ基準となっています。

収入証明書不要なら嘘の年収申告をしても良いの?

収入証明書不要でキャッシングが出来ることが分かった場合、申込みの段階で、嘘の年収を記入して少しでも審査に有利にならないかと悪知恵を働かす人もいらっしゃいます。

しかし、キャッシングの審査をする人は審査のプロです。

審査の段階では、申込みをした人の様々な属性が審査されますが、勤務先の規模、年齢、勤続年数などで、大体の年収は分かってしまうケースが多いです。

その場合は、すぐに嘘がバレてしまったり、怪しまれて収入証明書の提出を求められ、そこでバレたりするようになります。

もちろん、嘘の申告がバレたら確実に審査に落ちるので、嘘は絶対つかなようにして下さい。

収入証明書不要で即日融資を受けたいなら?

上記の観点から、もし、収入証明書不要で即日融資を受けたいのであれば、まずは、借入れ希望の限度額は、50万円以下にすることが大切となってきます

つまり、借入れの希望額を控えめにしておけば、運転免許証だけでキャッシングをすることも可能となってくるのです。

運転免許証だけでお金を借りる方法と注意点

kenji

実際、銀行のカードローンよりも消費者金融の方が、審査スピードは速い傾向がありますので、収入証明書不要で即日融資を受けたいのであれば、消費者金融をお勧めいたします。

スポンサード リンク