スポンサード リンク

慰謝料 払えない場合

慰謝料を請求されてもお金がないと払えない場合もあります。

しかし、慰謝料の請求を無視していると、最悪は、差し押さえに遭ってしまう場合もあります。

ここでは、慰謝料が払えない場合の対処法についてお伝えしていきます。

慰謝料を払わないと強制執行される?

いくらお金がないと言っても、会社で仕事をしながら、一定の収入があると財産があると見なされてしまいます。

そのようなケースで慰謝料を払わない場合、相手が裁判所の手続きを行ない、債権名義(債権が存在することを公的に証明する文書)を取得されてしまうと、強制執行をされる可能性が出て来ます

具体的には、不動産、銀行口座(預貯金)、給料などが差押えの対象となってしまいます。

例えば、給料であれば4分の1まで差押えが可能となり、慰謝料を全額払い続けるまで、差し押さえが続くようになります。

実際、給与が差し押さえに遭うと、会社にも慰謝料を払わなかったことがバレてしまうので、強制執行という事態は出来るだけ避けたいものです。

慰謝料が払えない場合の対処法は?

慰謝料が払えない、けれども強制執行を避けたい場合は、以下の方法で対処されることをお勧めいたします。

減額交渉をする

浮気をしてしまった場合や、事故を起こした場合、被害を受けた相手に対して、慰謝料の減額交渉をするという方法もあります。

実際、相手が請求してくる金額は、正当な額である場合もありますが、相場以上の額を吹っ掛けられてくる場合も意外と多いものです。

しかし、例えば浮気や不倫をしてしまった際に、相手の配偶者から慰謝料が請求された場合

  • 浮気相手が独身だと嘘をついていたなど相手側の過失が大きい
  • 不倫関係の期間が短い、あるいは不貞行為の数が少ない
  • こちらの財産や収入が少ない
  • 謝罪の気持ちをしっかり伝え、相手の気持ちが和らいだ
  • 不倫をした時は既に相手側の夫婦関係が破綻していた

という条件で、慰謝料を減額してもらうことは十分可能になってくるので、弁護士に相談をして、減額できる要素はないかチェックしてもらいながら、交渉をするようにして下さい。

分割払いを交渉する

慰謝料を請求された場合、一括払いが原則です。

しかし、一括払いをするだけの支払い能力がない場合は、分割払いが認められるケースもあります

また、相手側にとっては、分割払いに応じることは、リスクを抱えることになるので、示談書などの契約書を作成することが前提となります

キャッシングで補う

減額交渉や分割払いの交渉をして、ある程度、負担が軽く出来たとしても、慰謝料が払えないケースは出て来ます。

また、慰謝料は現金払いなので、クレジットカードなどで支払うことが出来ます。

ですから、そういった場合は、カードローンを利用して、一時的にキャッシングをして、支払うというのも一つの方法です。

あらゆる方法でお金を稼ぐ

実際、慰謝料を借金してもら払うことには抵抗を感じる方も多いかもしれません。

その場合は、様々な方法を駆使して、お金を稼ぐというのも一つの方法です。

今すぐお金を稼ぐ方法(男性編)1万円~10万円をゲット!

今すぐお金を稼ぐ方法(女性編)安全な手段だけをご紹介!

kenji

慰謝料は払いたくないと言って、支払いを拒否していると、痛い目に遭うことがありますので、弁護士とも相談をしながら、最終的にはしっかり払っていかれることをオススメいたします。

スポンサード リンク